アドセンス

スポンサーリンク



【キルラキル】が面白すぎる。ユニークで勢いがあって熱い最高のアニメだった話。

こんにちは。

流子

出展:キルラキル

今回はキルラキルの話です。

trigger制作ということで気になっていたんですが、最近初めてdアニメストアで視聴しました。

結論から言うと、

面白すぎ!!

マジで。何でもっと早く見ておかなかったんだろうと後悔するほど個人的には良かったので【キルラキル】の魅力を3つ程紹介しようと思います。なるべくネタバレはしないようにしますが限界がありますのでご了承ください。

それでは。

【キルラキル】はとにかく熱い王道展開が多い!

出展:キルラキル

設定や絵柄、キャラなどはどこまでもユニークなんだけどシナリオの展開の基本的なところはめっちゃ王道で熱い!!これに尽きますね!

まず主人公の纏流子が本能寺学園というところにやってきてその学園を絶対的な力で支配する鬼龍院皐月。見た目や性格、神衣など完全に対照的な存在として衝突するのも既視感はいくらでもあるんだけどめっちゃワクワクする。そして鬼龍院皐月に使える四天王の存在。

また後程触れますが、この四天王がまたいいんですよね。物語の終盤は怒涛の展開ですが、個人的には皐月の四天王の株が暴騰した。なんだかんだこいつらかっこよすぎた。

何度見ても最高の覚醒シーン!!

流子 皐月

出展:キルラキル

フィクションの登場人物の覚醒シーンは古今東西、最高の盛り上がりと爽快感やカタルシス、一言でいえば面白さをもたらしてくれますが、この作品ほど覚醒シーンがキタ――(゚∀゚)――!!ってなる作品もそうそう多くはないです。マジで。

作中本当に何度も何度も覚醒シーンがあり、そのたびにみていて燃える。主人公である流子はもちろん、ライバル的な立場の皐月や四天王、果ては流子の無二の親友のマコまでそれに類するシーンがあります。

またそういうときの音楽の使い方が最高に巧いんですよね。タイミングと選曲が本当に素晴らしかったです。

何度もあるその覚醒シーンを見飽きることがなかったのはおそらくそこに至るまでの過程を丁寧に自然に描いてくれたからでしょうか。ほんと、物語の終盤は覚醒しまくってました!!

友情と勝利

マコ

出展:キルラキル

少年漫画などのテーマでよくある感じですが、本当に登場人物が敵も味方も熱い!纏流子が本能寺学園で一番最初に友達になるのは満艦飾マコですが、こいつは本当に最高の友達だと思います。一回ちょっとおかしくなる時もあるけど(笑)。

流子が変な方向に行ってしまいそうなとき、ぶれそうな時はマコが大活躍します。マコはもものすごく頭悪いんだけど、だからこそ全くぶれない。考えないから(笑)。どんなに深刻な場面でも明るくすべて包み込むような最高の馬鹿さ加減を持つ友達でした。

出展:キルラキル

また基本的に敵側の鬼龍院皐月の四天王達も皐月に対する忠誠心がやばい。あまりネタバレになることは言えないですが、皐月はもともとは自身の駒になる優秀な人物を求めただけだったかもしれません。しかし皐月と四天王、彼らの中にはどんなに困難なことがあっても切れない絆と絶対に折れない信念があり、特に終盤で強く感じられました。キルラキルを最後まで見れば、四天王のことも絶対に好きになれると断言できます。

そのようになんだかんだ皆の力を一つにしていく中で乗り越える、そんなシーンが特に終盤は多かったです。あらゆるアニメで何度も見たことのある展開なのかもしれないけれど、人間の中には皆、誰かとつながりたい、共に最高のものを作り上げたいという想いが本来的にあるのではないだろうか、と思わせてくれるような真っすぐなアニメだったと思う。

超魅力的で個性的なキャラクター達

キルラキルは本当に個性的なキャラクターが多いです。ていうか一言でいうと登場人物はぜ全員ばか。バカばっかり。その中でもマコの頭すっからかんのレベルは突出していましたが。馬鹿なんだけど嫌いになれない、いやむしろ馬鹿だからこそ好きになれる、筆者の特に好きだったキャラを何人か紹介します。

めっちゃ主人公っぽい風格の【纏流子(まといりゅうこ)】

流子

出展:キルラキル

流子はこのキルラキルの主人公です。

はっきり言ってクッソかっこいい。言葉遣いというか言い回しや言い方がもうなんかイケメン。しかも声優が小清水亜美なんですよね。似合いすぎだろ。監督の中ではもう他の人という選択肢は全くなかったのではないかってくらい合っている。小清水亜美というと筆者的に一番最初に出てくるのはギアスのカレンですが、タイプは近いですね。礼儀正しいヤンキーみたいな。

確か3話くらいのセリフですが、

『お前みたいに強がる女は嫌いじゃねぇんだよ!』とか、なんでそんなイケメンなセリフがあっさり出て切るのか意味不明。

基本的に戦闘力がかなり高いですが、それにもちゃんと理由があります。話が進むにつれて明らかになり、あぁ、なるほど!ってなりました。

信じられないくらい馬鹿だけど、ある意味最強の【満艦飾マコ(まんかんしょくまこ)】

マコ

出展:キルラキル

マコはもう本当にやばい。よくこんなキャラを考えられるなぁと脱帽でした。

マコといったら、まず最初に思い浮かぶのが「ハレルヤ!」ですね。「ハレルヤ」というのはマコ劇場のことです。なんかやばい雰囲気になってたり、誰かがやられそうだったり(主に流子)、真剣な空気を一瞬にして破壊します。こいつの頭は狂っている、というか言いようがない。

こちらのシーン。皐月と一対一で戦っている流子がかなり押されているときに登場したマコ。こんな奴が出てきたらさすがに黙って聞くしかできないよね(笑)。しかも一コマ一コマがかなり芸が細かいんだよね。。。こいつは一体何なのか笑、、面白すぎる。最後の回までマコのハレルヤは常に少なくとも一回はあったんじゃないかってくらいまったくぶれない。

そしてマコの知能の低さが完全に露呈するシーンがこちら。

ちょっとネタバレですが、マコは後に極制服を手に入れます。

極制服を着てないときがこちら。

出展:キルラキル

それにたいして極制服を着たときがこちら。

出展:キルラキル

ね?なんてかわいそうな子なんだ、、ってなりますよね。極制服を着ると戦闘力が一気に上がりますが、頭の、すなわち知能の数値だけは全く変わっていません。0000のまま。なんてことだ。筆者はこれを見て、このすばのアクア様を思い出しました。

皆優しくしましょう。もうこれ以上知能は伸びないんだから。

流子のライバルなのか主人公なのかわからない【鬼龍院皐月(きりゅういんさつき)】

出展:キルラキル

皐月(右側)も本当に素晴らしいキャラクターでした。

まず非常にカリスマ性のある人物に描かれていたのではないでしょうか。そのカリスマ性は小さいころから遺憾なく発揮され、四天王の蛇崩が皐月についていくと、幼稚園で決意するほど。一言一言に重みがあり、何よりそれを自分自身が体現できているからこそ、言葉にできるのではないかと思わせるほど、肝と覚悟の座っている人物でした。流子とはすぐに対立しますが、本能寺学園を作った目的、四天王を組織し、全国制覇を目指しているその目的がそういうことだったのか!って終盤になって度肝を抜かれましたね。そのために小さいころから準備をしてきたのかと思うと、皐月もやっぱり主人公な感じがします。

どんなに窮地に立たされても一瞬たりとも怯んだり、心が折れたりしないし、だからこそ四天王も同じように何があっても動じなかったんだろうなと感じました。

鬼龍院皐月は覚悟の人ですね。最後の最後までかっこよかったです。

四天王

出展:キルラキル

四天王はまとめて紹介するけど、全員めっちゃ良キャラ。何より皐月に対する忠誠心がやばいんですよね。でも皐月の目的を知れば、それだけ忠誠を誓ってついていくのも頷けるんだよね。

出展:キルラキル

蟇郡 苛(がまごおり いら)は風紀院長です。はっきり言ってこいつはただのクッソ頭の固い風紀院長です。それだけ。常に風紀委員として行動しているんだなってことが分かるので、流子とは正面から対立しながらも最初から全く嫌な感じではなかったです。

出展:キルラキル

猿投山 渦(さなげやま うず)は最後のほうは例外なくかっこよかったですね。蛇崩との絡みも面白かった。猿投山が皆が思っていながらも言うのを我慢していることを何のためらもなく言ってしまうもんだから(笑)。まぁネタバレになるからこれ以上は書かないですが。

出展:キルラキル

犬牟田 宝火(いぬむた ほうか)は戦い方がきもすぎる(笑)。全身のキーボードでデータを解析しながら戦います。こいつは元々スーパーハッカーみたいなものですが、皐月に捕らえられその後、本能寺学園の四天王になります。こんな奴でも皐月に対する忠誠心はやっぱりすごい。。

出展:キルラキル

蛇崩 乃音(じゃくずれ ののん)は声がとても似あっていました。結構こいつはほかの四天王やマコや流子を見下したような発言が多いですが、声がやっぱりあれだから嫌いになれない。ネタバレになるのであまり書けないですが、最後のほうで蛇崩のセリフで個人的にめっちゃ好きなものがある。それがこれ。

出展:キルラキル

「劣等生にしては頑張ったじゃない。」

このシーン。最高だった。

化け物みたいに強くて可愛いくて不気味な【針目縫(いとめぬい)】

出展:キルラキル

こいつのキャラもまたぶっ飛んでいますね。

最初に出てきたときの登場の仕方のインパクトが半端じゃなかった。なんだ、こいつ、強すぎだろ。。。。ってくらいめちゃくちゃ強い。ネタバレですが、四天王の一人をまず瞬殺します。本当にどういう立ち位置のキャラか最初は全くわからなかったですが、話が進むにつれて明らかになりました。基本的に常に笑っているというかキャッキャしてる感じがまたクッソ不気味なんですよね。可愛らしい外見のくせに言うこと成すことゲスすぎる。筆者的には針目縫にはさっさと誰かにボコボコにされてほしいと思っていました。あんまりそういうシーンは多くなかったけど。

終盤は流子や皐月も強くなってきていたので針目縫も常に笑顔じゃなくなったり、怒ったり、素を出すようになっていって、ざまぁと思いましたね。

とまぁこんな感じに素晴らしいキャラにあふれていたと思います。

以外にしっかりしているシナリオ

いやもう本当にシナリオもよく出来てるんですよ。最初はマコのせいでこれはなんていうか、いわゆるギャグアニメかな?と思いましたが全くそんなことはありませんでした。

良く張られている伏線の数々

伏線っていうと少し違う感じもしますが、あぁ、ちゃんとそれには設定や裏があったんだ!と思うことが中盤から終盤にかけて多々ありました。例えば、

・流子はなぜそんなに強いのか。

・極制服とは何か。生命繊維とは何か?

・鬼龍院皐月の目的は何か。

・流子の父親は誰に、なぜ殺されたのか。

等々。ちゃんと設定があります。そのあたりはただ単純に勢いだけでそうなっていますというより説得力と一貫性というか、見ていて非常にシナリオにも入り込める、そんな作りになっていたのではないかと思います。

出展:キルラキル

また個人的に鬼龍院皐月の目的が明らかになる回がクッソ面白かった。というかその後から先の回がすべて怒涛の展開の連続で全く予測できないし、面白すぎてdアニメストアで一気見した。最初のほうは少しマンネリ化しそうで少しだれるところもあったのですが、中盤から終盤にかけて一気に面白くなって、どんどん面白くなっていく。そんな感じでした。個人的には。

また最初から最後までどんどん壮大になっていき予想できないシナリオでした。

壊惨総選挙から始まり、本能寺学園が全国制覇に乗り出し襲学旅行、そして大文化体育祭とどんどん規模が大きくなっていく様が良かったですね。大文化体育祭以降が本当に面白すぎてやばかった。もうなんか、やっぱり一番は熱さと勢いでできているアニメだから、感想もそのくらいしか出てこないです!途中で少しだれてしまっても、大文化祭後から最後までほ本当にくっそ面白いからぜひ見ていただきたい、そんなアニメでした。

はい。ということで【キルラキル】が面白すぎる。ユニークで勢いがあって熱い最高のアニメだった話でした。

じゃ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする